BrushEight最強ギター販売専門サイト

pagetop

youtube
試奏動画随時更新中!!YouTube・Brusheightチャンネルへ
ホームeffects Other Type Brush eight SystemInterface w/buffer SHOW UP “EkiShow Maple”

Brush eight SystemInterface w/buffer SHOW UP “EkiShow Maple”

Brush eight SystemInterface w/buffer  SHOW UP “EkiShow Maple”
Brush eight SystemInterface w/buffer  SHOW UP “EkiShow Maple” Brush eight SystemInterface w/buffer  SHOW UP “EkiShow Maple”
販売価格32,000 円(税別 EXCL TAX)

販売価格 35,200 円 (税込 INCL TAX)
 
NEWオススメ
商品コード:EFXBBEM
関連カテゴリ:effects effects > Original effects > Other Type Brush eightオリジナル
 
★1台限定!Brush eight × Otaken Custom!SHOW UP EkiShow Maple
Brush eight SystemInterface w/buffer
 

数量:

カゴに入れる お問い合わせ 戻る
 
デモンストレーション動画
この商品について
Brush eight SystemInterface w/buffer Ver. SHOW UP “EkiShow Maple”


★1台限定!Brush eight × Otaken Custom!SHOW UP EkiShow Maple
Brush eight SystemInterface w/buffer

限定1台のシステムバッファー“EkiShow Maple”

車への塗装、カスタムペイントでも有名なSHOW UPさんのオリジナルカラー
EkiShow Maple
マジョーラのように角度で違うカラーも見える、綺麗な色味です。

塗装職人Otaken Cutomとのコラボ商品となります。


Brush eight SystemInterface w/buffer

これまでのBufferに感じた事を解消、
ギターの為のBufferを開発。

"音が固くならない、Lowが潰れない、音量が上がるだけのブースターになりすぎない"を重視

繋げると、外せなくなる可能性も。

是非、店頭でも威力をお試しください。


付属品は箱、説明書

SystemInterface w/Buffer
利点と特色をまとめさせて頂きました。 

1.       Bufferを通すことによる利点
 
近年一般化していますトゥルーバイパス。
機械式のスイッチを採用することによりエフェクトオフの際は
アクティブ回路を通過をしない為音色の変化を最小限に抑えて
います。ペダル1台のシンプルなセットの場合は良いのですが
ボード内にペダルが複数ある場合少し問題があります。
 
例えば
 
Guitar

ペダルA

ペダルB

ペダルC

ペダルD

ペダルE

アンプ
 
ペダルDのみオンで他が全てオフとした場合ギターから
出力された信号はペダル3台とケーブル4本を通過して始めて
ペダルDに入力されます。一般的なパッシブPU搭載のギター
の場合ハイインピーダンス・ローレベルと極めてノイズの影響を
受けやすい状況となっていますので、ペダルDに信号が流れる
までのパッチケーブルやペダルのスイッチやジャックでの音質の
低下が顕著に現れてしまいます。
 
Bufferシステムをボードの最初に設置することにより、
ギターからの信号を即時ローインピーダンス化しかつ電気的に
安定した信号に変えることによりペダルボード内での劣化を
最小限に抑えノイズレス・ストレスフリーな環境にします。
 
2.       TUNER OUT
 
ペダルボードシステムで専用のTUNEROUTを設けているスイッチ
ングシステムを使わない場合、TUNERへの接続は2パターンです。
一つはギターからの信号を直接TUNERを介す方法。もう一つは
VolumeペダルのTUNEROUTを使用する方法です。
 
前者の直列接続の場合TUNERペダルを経由した音色に変化して
しまいます。またVolumeペダルのTUNEROUTは出力を2系統に
パラっておりますので前段のペダルのアウトプット回路のドライブ
能力が低い場合音質低下につながります。ギターからVolume
ペダルへ直結の場合はギターのPUにTUNERと1段目のペダルの
インプットと2つの負荷が加わりますのでかなりの音質低下が発生
してしまいます。
 
SystemInterface w/bufferは十分なドライブ能力を持ったBuffer
回路を通すことにより音質劣化を防ぎます。またTUNERへ信号
が常時出力されますので演奏中のチューニング確認も可能です。
 
3.       THRU端子
 
SystemInterface w/BufferにはTHRU端子を用意しております。
THRU端子は完全パッシブの入出力として利用可能です。
通常はペダルボードの最終アウト(アンプへの接続)をTHRU
端子に立ち上げます。
 
ステージやリハーサルでペダルボードを立ち位置に置き、
電源を接続、その後GuitarをInterfaceのINへ、InterfaceのOUTを
アンプに接続とボード内のペダルに直接ケーブルを挿すことは
ありませんので極めて迅速なセッティングが可能となります。
 
もう一つの裏技的な使い方もあります。それはBufferを嫌う
FUZZ等のペダルをボードに設置する場合です。FUZZはなるべく
ギター直結の方がコントロールし易く音も良いです。その場合
 
Guitar

SystemInterface w/Buffer THRU IN

SystemInterface w/Buffer THRU OUT

FUZZ IN

FUZZ OUT

SystemInterface w/Buffer Buffer IN

後段のペダルへ
 
と接続すればFUZZはBufferを経由することなく接続が可能です。
 
4.       十分なヘッドルームを持つBuffer
 
Buffer回路は一般的なコンパクトエフェクターの9V動作の3倍
以上の±15VDCで動作しています。これにより様々な信号レベルに
常にクリーンなBuffer回路を保ってくれます。
SystemInterface w/Bufferはギター直であっても、ペダルボード内の
好きな場所、アンプのSEND/RETURN間のどこでもご使用頂けます。
 
5.       貴方専用のInterfaceBufferもお作りできます。
 
貴方のシステムに合わせた入出力で特注致します。
GuitarINに加えて、各種SEND/RETURN、アンプへの往来、
MIDI IN/OUT、電源の予備端子、MUTE Switch一体等

是非お問い合わせください。


★1台限定!Brush eight × Otaken Custom!Ver. SHOW UP “EkiShow Maple”
Brush eight SystemInterface w/buffer

最近チェックした商品


RECOMMEND Brusheight おすすめ商品